一級建築士のリンク集ギャラリー 安藤忠雄

安藤忠雄
安藤忠雄(あんどう ただお)
(男性、1941年9月13日 - )

日本人の建築家。

東京大学特別栄誉教授。

21世紀臨調特別顧問。

打ち放しコンクリートの住宅や商業建築を次々と発表し、一世を風靡した。

名声が上がるに従い、博物館・娯楽施設・宗教施設・事務所等、作品の幅は広がり、規模も大きくなるが、逆に初期の小規模建築の持っていた魅力が失われているという見方も有る。


元プロボクサー(リングネームはグレート安藤。戦歴、23戦13勝3敗7分け)。

略歴

大阪市生まれ。

ボクシングの試合で得たファイトマネーなどを手にアメリカ、ヨーロッパ、アフリカ、アジアを旅行しながら、独学で建築を学ぶ。

その頃に、彼が撮影した写真はルイス・カーンの作品集などで使われている。

双生児の兄として生まれる。

双子の弟は北山孝雄。

東京で都市コンサルタント業/商品デザイン業-北山創造研究所を経営。

3人兄弟で一番下の弟は建築家の北山孝二郎(ピーターアイゼンマンとのコラボで名を馳せた)。

初期の作品(ローズガーデン/1977/神戸市生田区、等)のいくつかは弟、孝雄の所属していた兜l野商品研究所(1992年兜l野総合研究所と改名<代表=浜野安宏(セツ・モードセミナー出身)>)と共に実現した。

一般的に独学と知られているが、建築事務所での短期勤務歴はある。

また、高校卒業後はセツ・モードセミナーに参加。

独学を母体に通信教育等を利用しインテリア/SD等を学ぶ。

建築以前の初期作品には関西を中心とした喫茶店等のインテリアデザインが有る。

1969年に安藤忠雄建築研究所を大阪に設立。

個人住宅を多く手がけた。

「住吉の長屋」(大阪)が高く評価され、大規模な公共建築ではなくごく小さな個人住宅としてはじめて日本建築学会賞を獲得した。

以降、コンクリート打ち放しと幾何学的なフォルムによる独自の表現を確立し、世界的な評価を得る。

1980年代は関西周辺(特に神戸・北野町、大阪・心斎橋)での商業施設設計や寺院・教会設計が相次ぐが、1990年代以降は公共建築、美術館建築、また全国や海外の仕事も増えている。

1987年、イェール大学客員教授に就任する。
1988年、コロンビア大学客員教授に就任する。
1989年、ハーバード大学客員教授に就任する。
1997年、東京大学工学部教授に就任する。
2003年、東京大学を定年退官して、名誉教授となる。
2005年、東京大学から特別栄誉教授の終身称号を授与される。

代表作品
サントリーミュージアム 兵庫県立美術館
       ■サントリーミュージアム■               ■兵庫県立美術館■

淡路夢舞台 淡路夢舞台 百段苑
      ■淡路夢舞台■              ■淡路夢舞台 百段苑■


出典: フリー百科事典〜ウィキペディア

トップページ | アバウト | 一級建築士情報 | 合格ノート | ギャラリー | 一級建築士リンク

広告掲載・ご意見・ご感想・相互リンク依頼はこちらにご連絡下さい。
問い合わせ