一級建築士のリンク集 ル・コルビュジエ

ル・コルビュジエ

ル・コルビュジエ


ル・コルビュジエ(Le Corbusier)
(1887年10月6日 - 1965年8月27日)

スイスで生まれ、フランスで主に活躍した建築家。

本名はシャルル=エドゥアール・ジャンヌレ(Charles-Edouard Jeanneret)。

近代建築の四大巨匠(フランク・ロイド・ライト、ミース・ファン・デル・ローエ、ヴァルター・グロピウスと共に)の1人と呼ばれる。

経緯

スイスのラ・ショード・フォンで生まれた。

本来は時計職人を養成する地元の装飾美術学校で学んだ彼は、大学における正規の建築家教育を受けていない。

パリのオーギュスト・ペレ(1874−1954年)やドイツのペーター・ベーレンスの事務所などに籍を置き、建築を学んだ。

パリに戻り1920年、雑誌「エスプリ・ヌーヴォー」(L'esprit Nouveau)を創刊、この頃からル・コルビュジエというペンネームを用いた。

1922年に事務所を構えた。

1925年のパリ万国博覧会(いわゆるアールデコ博)では装飾のないモダニズム建築のエスプリ・ヌーヴォー館を担当、アール・デコ様式の展示館が並ぶ中で異彩を放った。

また同年、パリ市街を超高層ビルで建て替えようという都市改造案を発表した。

低層過密な都市よりも、超高層ビルを建て、周囲に緑地を作ったほうが合理的であるとするもので、もちろんパリでは採用されなかったが、これ以降の各国の都市計画に大きな影響を与えた(「輝く都市」)。

1927年、ドイツ工作連盟主催の住宅展に参加。

1928年以降に開催されたCIAM(Congres International d'Architecture Moderne、シアム、近代建築国際会議)[1]では、ヴァルター・グロピウス、ミース・ファン・デル・ローエらとともに参加し、中心メンバーとして活躍した。

CIAMは国際的な近代建築運動の拠点になった。

1931年の竣工のサヴォア邸はル・コルビュジエの主張する近代建築の5原則を典型的に示し、代表作として知られる。

またル・コルビュジエの、住宅は住むための機械(machines a habiter)という言葉はよく引用される。

第二次世界大戦後、ドミノシステムに基づく集合住宅マルセイユのユニテ・ダビタシオン(L'unite d'habitation de Marseille)を建設(1947-1952年)。

ユニテは住居単位を意味し、かつて主張した「輝く都市」の実践であった。

またインドのチャンディーガルの都市計画に関わった。

後期の代表作ロンシャンの教会堂(1955年竣工)はカニの甲羅を形どったとされる独特な形態で、鉄筋コンクリートで可能になった自由な造形を示している。

ここでは従来主張していた機能性・合理性とは異なった表現に達した。

1965年南フランスのカプ・マルタンで水泳中に死去。

評価

画家から出発し、建築家として活動をはじめた後も画家としての制作活動を続けていた。

歴史上の功績は、鉄筋コンクリートを利用し、装飾のない平滑な壁面処理、伝統から切り離された合理性をモットーとしたモダニズム建築の提唱者ということになる。

彼の思想は世界中に浸透したが、特に1920年代の近代主義建築の成立において、造形上に果たした功績が大きい。

彼の造形手法は一つの規範となり、世界に広がって1960年代に一つのピークを極めた。(その反動から1980年代には装飾過多、伝統回帰的なポストモダン建築も主張されている)

西洋では石積みなどが伝統的だったが、コルビュジエはスラブ、柱、階段のみが建築の主要要素だとするドミノシステムを考案した。

その後の代表作サヴォア邸は、コルビュジエの主張する「新しい建築の5つの要点(ピロティ、屋上庭園、自由な平面、水平連続窓、自由な立面)」(近代建築の五原則)を体現している。

クック邸が5つの要点を体現した最初の作品であり、サヴォア邸でより完成度の高い実例を示した。

都市計画の分野でもパリ改造計画案を発表したほか、CIAM 第4回会議でル・コルビュジエらが提案したアテネ憲章(1933年)は、公開空地など、以後の都市計画理論に多大な影響を与えた。

後にはチャンディーガルなどで実践している。

終始モダニズムの論客として、新しいビジョンを示す論陣を張ってきた彼は、実作においては自由な芸術家としての立場を貫き、必ずしも常に論理性を重視しているとはいえない。

しかし、作品の独創性や新規性により、そうした矛盾を問題視させない能力があったといえる。

その点は大いに誤解されたままであるが、ある意味で本人が意図した通りなのである。

晩年のロンシャン教会(ノートルダム・デュ・オー礼拝堂)は造形を特に強調し、それまで主張していたモダニズム建築からかけ離れた作品として注目される。

単純な構成で快適さを求めたコルビジェの家具は、GRAND COMFORT(大いなる快適)と呼ばれLC3、LC4(椅子)は有名である。

代表作品
サグラダ・ファミリア カサ・ミラ
     ■ロンシャン教会■            ■サヴォア邸■

出典: フリー百科事典〜ウィキペディア

出典: 人名辞典

トップページ | アバウト | 一級建築士情報 | 合格ノート | ギャラリー | 一級建築士リンク

広告掲載・ご意見・ご感想・相互リンク依頼はこちらにご連絡下さい。
問い合わせ