一級建築士のリンク集ギャラリー アントニオ・ガウディ

アントニオ・ガウディ

ガウディ



アントニオ・ガウディ(Antoni Gaudi i Cornet)
(1852年6月25日 バルセロナ - 1926年6月10日)

スペインのカタルーニャ地方出身の建築家。

日本ではアントニオ・ガウディと呼ばれることが多いが、これはスペイン語(カスティーリャ語)式の名前で、カタルーニャ語ではアントニとなる。

あまり裕福でなかった彼は、26才のとき、パリ博覧会に出品した手袋屋のショーケースが富豪、エウセビオ・グエルの目に留まり、グエルの依頼で多数の設計を行った。

これによりガウディはモデルニスモの代表的建築家として名が高まった。

1883年にはサグラダ・ファミリア(聖家族教会)の設計引継の依頼を受けた。

この過程で彼は信仰に目覚め始め、1914年以降は他の仕事を断って、サグラダ・ファミリアの設計をライフワークとした。

しかし、1926年教会にミサに向かう途中、路面電車に轢かれた。

晩年身なりに気をつかわなかったため、貧民の為の病院に運ばれ、それで手当てが遅れたために、三日後に息を引き取ったと言われている。

同教会は未完成で、現在も工事が続けられている。


設計手法

彼の建築は曲線と細部の装飾を多用した、生物的な建築を得意とし、その独創的なデザインは多くの建築家や芸術家に影響を与えた。

その設計手法は独自の構造力学的合理性と物語性に満ちた装飾の二つの側面より成立する。

網状の糸に重りを数個取り付け、その網の描く形態を上下反転したものが、垂直加重に対する自然な構造形態だと考え、石工がしり込みするような建築を作らせた。

工事中の建物の内部に立ち、身を持って安全性を示そうともした。

装飾は形式的なものに留まらず、植物・動物・怪物・人間などをリアルに表現した。

彼は、設計段階で模型を重要視し、設計図をあまり描かなかった。

設計図は役所に届ける必要最小限のものを描いたのみである。

そのため彼の設計図はあまり残らず、替りに模型が多数残り、現在のサグラダ・ファミリア(聖家族教会)の工事は残された模型を尊重しながら進められている。

代表作品
サグラダ・ファミリア カサ・ミラ グエル公園
    ■サグラダ・ファミリア■           ■カサ・ミラ■              ■グエル公園■

出典: フリー百科事典〜ウィキペディア

トップページ | アバウト | 一級建築士情報 | 合格ノート | ギャラリー | 一級建築士リンク

広告掲載・ご意見・ご感想・相互リンク依頼はこちらにご連絡下さい。
問い合わせ