一級建築士のリンク集ギャラリー

良い建築物を造るためには歴史に学べ!

ビッグ


歴史に学ぶ。

これは、これから良い建物を造っていくために非常に大切なことだと思います。

技術が発達する前から様々なコンセプトを持って先人は建築をしてきました。

それらは後の世界にどのように影響を与えてきたのでしょうか。

歴史に名を残す建築家たちは一体どのような考えの元に設計をしてきたのでしょうか。

旅行に行けば観光名所を巡るように
きっと我々にも無意識に多大な影響を与えていることでしょう。

これらは一級建築士の試験でも問題として取り上げられますが
試験勉強として詰め込む知識では楽しくありません。

試験対策ではあまりの範囲の広さに「建築史」の分野の勉強については
捨ててしまいなさい!と言う人もいるくらいです。

試験ではそれでもいいのでしょうが、それでは非常にもったいない!

感動を与えてくれる素晴らしい建物や建築家を知ることは本来ワクワクするもののはずです。

是非、楽しみながら勉強していきましょう!

建築史の勉強ではまず、どんな建築家であるか、その人となりと顔を合わせて憶えないと簡単に忘れてしまいます。建物も文字だけで見て憶えるのと写真を合わせて見て、視覚的に憶えるのでは経験的に全然効果が違った気がします。
一番いいのは、憶えようとする建築家や建物について興味を持ち、それをどうやって立てたのか、とか何故立てられたのかなどの背景的なものも憶えればいいのでしょうが、憶えるべき数も多いですし現実的ではありません。
参考書などを見てみても建築家と建築物の両方を合わせて写真付きで解説しているようなものは少なかったように思います。
このサイトを訪れてくれた皆様に少しでも暗記に役に立つように、出来るだけ写真もあわせて公開するようにしております。
『こんな人がこんなの作ったんだな〜』とか、そんな風にぼんやり憶えるだけでもけっこう忘れないものです。 憶えるときは見ながら声に出して、建築家と建築物の名前を言うとさらに効果アップ。欲を言うなら、一度でいいから手で文字を書く。
なんて暗記ばかりの話になってしまいましたが、単純に知りたかったから見てみる〜というのも全然オッケーです。(笑)

アントニオ・ガウディ 前川國男
ペーター・ベーレンス 木村俊彦
ル・コルビュジェ 丹下健三
フランク・ロイド・ライト 槇文彦
ミース・ファン・デル・ローエ 磯崎新
ヴァルター・グロピウス 黒川紀章
オスカー・ニーマイヤー 谷口吉生
アントニン・レーモンド 安藤忠雄

トップページ | アバウト | 一級建築士情報 | 合格ノート | ギャラリー | 一級建築士リンク

広告掲載・ご意見・ご感想・相互リンク依頼はこちらにご連絡下さい。
問い合わせ