一級建築士のリンク集ギャラリー 磯崎新

磯崎新
磯崎新(いそざき あらた)
(1931年7月23日 - )

海外で最も有名な日本の建築家の一人である。

大分県大分市出身。

妻は彫刻家の宮脇愛子。

評価・その他

ポストモダン建築を牽引した建築家である。

豊富な受賞経験による権威感からか、公共施設の受注が多い。

1980年代以降はロサンゼルス現代美術館、ブルックリン美術館など海外でも活躍している。

閉塞的な日本のアカデミズムを脱却して、世界的な次元で建築を構想する姿勢は、日本国内では批判に晒されることも多かったが、日本の現代建築を世界的なレベルに押し上げた建築家の一人といえるだろう。

現代において磯崎の影響を受けずに、建築を学ぶことはありえないという声も一部にある。

キューブ(立方体)などのプラトン立体を多用することで知られる。

読売新聞で、バブル期の東京都の公共建築である東京芸術劇場、東京都庁舎、江戸東京博物館、東京都現代美術館、東京国際フォーラムの5作品を「粗大ゴミ」と評した。

ただ、これは建築家のデザイン力だけではなく、東京都が建築家に要求したプログラムに対する発言とされる。

コンペの審査員も多数務め、長谷川逸子の湘南台文化センターや、伊東豊雄のせんだいメディアテークの際の審査員でもある。

プリツカー賞の審査員も務めた。

丹下健三を最もよく知る一人で、2005年の葬儀において弔辞を読んだ。

受賞
1967年、大分県立大分図書館(大分市)により、日本建築学会賞(作品部門)受賞
1975年、群馬県立近代美術館(高崎市)により、日本建築学会賞(作品部門)受賞
1986年、王立英国建築家協会(RIBA)により、RIBAゴールドメダル受賞
1988年、朝日賞受賞
1996年、第6回ヴェネチアビエンナーレ建築展日本館展示「亀裂」(ヴェネチア)により、ヴェネチアビエンナーレ建築展金獅子賞受賞

代表作品
水戸芸術館1 水戸芸術館2
         ■水戸芸術館1■                ■水戸芸術館2■

スパイラル・ハウス
       ■京都コンサートホール■

出典: フリー百科事典〜ウィキペディア

トップページ | アバウト | 一級建築士情報 | 合格ノート | ギャラリー | 一級建築士リンク

広告掲載・ご意見・ご感想・相互リンク依頼はこちらにご連絡下さい。
問い合わせ