一級建築士のリンク集ギャラリー 木村俊彦

木村俊彦

木村俊彦(きむら としひこ)
(1926年 香川県- )

建築構造家。

50年東京大学建築学科卒業、前川國男建築設計事務所入所。その後、横山構造設計事務所を経て、64年独立、木村俊彦構造設計事務所を設立。

構造設計活動の業績で76年度日本建築学会賞受賞。

構造設計の主要作品として、京都国立国際会館(65年)、千葉県文化会館(67年)、藤沢市立秋葉台文化体育館(84年)、東工大百年記念館(87年)、梅田スカイビル(93年)、京都駅ビル(97年)、公立はこだて未来大学(2000年)など。

半世紀に亘って日本を代表する数多くの建築作品に携わり、1980年代には槇文彦、磯崎新らの大規模建築の構造設計を手掛けた。

日本の近代建築を一日も早く軌道に乗せるための、ボキャブラリーとしての技術を育成するための『テクニカル・アプローチ』を主張した前川國男に「建築のために構造をやってくれないか」と言われて構造に進む決心をしたという。

日本の建築構造を代表する木村俊彦という存在が生まれた原点がその点であったと言える。

建築の本質は空間である。

建築は『空間』を材料とする芸術であるとはロシア・アヴァンギャルドの一建築家のいった言葉であるが、木村俊彦は、構造のための構造ではなく、建築のための構造、実務としての構造設計を実現させた建築家である。

著作及び関連図書
・日本現代建築家シリーズ17 木村俊彦 新建築社
・構造設計とは 鹿島出版会
・構造の原理と解法(1)~(3) 彰国社
・木村俊彦の設計理念 鹿島出版会
・建築家という生き方 日経BP出版
・素顔のイサム・ノグチ 日米54人の証言 四国新聞
・構造設計の初心 木村俊彦 初期の軌跡 木村俊彦構造設計事務所
・五重塔はなぜ倒れないか(上田篤編) 新潮社

代表作品
国立京都国際会館
                ■国立京都国際会館(意匠・大谷幸夫)■

東京体育館
     ■東京体育館(意匠・槇文彦)■

出典: フリー百科事典〜ウィキペディア

トップページ | アバウト | 一級建築士情報 | 合格ノート | ギャラリー | 一級建築士リンク

広告掲載・ご意見・ご感想・相互リンク依頼はこちらにご連絡下さい。
問い合わせ