一級建築士のリンク集ギャラリー 前川國男

前川國男

前川國男(まえかわ くにお)
(明治38年(1905年)5月14日 - 昭和61年(1986年)6月26日)

昭和期の建築家である。

ル・コルビュジエ、アントニン・レーモンドの元で学び、モダニズム建築の旗手として、第二次世界大戦後の日本建築界をリードした。丹下健三、木村俊彦は前川事務所の出身である。

東京文化会館や新宿紀伊國屋ビルを設計した建築家。

東京海上ビルの設計では「皇居を見下ろした形」としたため、右翼の攻撃にさらされることとなった。

後進的な日本に「人民のため」の近代建築を導入しようとしたが、最後は挫折を余儀なくされた。

日本の「近代建築」の歩みをけん引した建築家。

50年にわたる建築家としての活動の間に日本建築家協会会長、UIA副会長などを歴任する。

1968年、日本建築学会から第1回の「日本建築学会大賞」を受賞。また、朝 日賞、毎日芸術賞、オ−ギュスト・ペレ−賞など多数受賞している。

前川國男には生粋の「モダニスト」という厳格なイメージがあり、建築の技術的側面を重視していたことで有名だが、技術至上主義的なメカニカルなものではなく、建物の永続性を求めていく中で、デザインを実現する裏付けとしての技術の大切さを重視していた。

また、自宅である前川國男邸は、建築家前川國男邸の自邸で、戦時中、建築資材の使用制限などの、困難な状況の中で建てられ、1973年に解体され保存されていた部材をもとに復元した。

この建物は、統制の多い時代に建てられ建築面積は小さく押えられているが、内部は豊かな空間を感じさせる。

吹抜けの居間を中心に各部屋を構成し、外観は、堅板張りの木材、障子、ガラス格子といった対照的な要素で特徴づけ、全体的に和風の延長上にあるが、内部空間とあわせて、とてもダイナミックな印象をうける。

代表作品
東京文化会館東側 東京文化会館西側
         ■東京文化会館東側■                   ■東京文化会館西側■

東京都美術館エントランス
       ■東京都美術館エントランス■

出典: フリー百科事典〜ウィキペディア

トップページ | アバウト | 一級建築士情報 | 合格ノート | ギャラリー | 一級建築士リンク

広告掲載・ご意見・ご感想・相互リンク依頼はこちらにご連絡下さい。
問い合わせ