一級建築士のリンク集ギャラリー 槇文彦

槇文彦
槇文彦(まき ふみひこ)
(男性、1928年9月6日 - )

日本の建築家。

モダニズム建築の正統的な作品や幕張メッセなどのメタリックな作品で知られる。

東京出身。

東京大学工学部建築学科に入り、丹下健三の研究室で学び、1952年卒業。

クランブルク美術学院およびハーバード大学大学院修士課程修了。

ワシントン大学・ハーバード大学で都市デザインを講じた。

1965年に槇総合計画事務所を設立。

1979-1989年に東京大学教授を務めた。

戦後モダニズム建築の正統的な建築家と評されている。

設計思想

ハーバード大学でセルトのスタジオで学んでいたこともあり、かなり純粋なモダニズム建築の作家といえる。

ヒルサイドテラスは旧山手通り沿いで数次にかけて実施したプロジェクトであるが、ヒューマンスケールな空間構成、成長する都市建築として高く評価されている。
10m軒線を守り、用途地域が変わった第六期では、10m以上の部分をセットバックさせている。
一方、幕張メッセなどではモダン・無機質でメタリックなデザインが印象的である。

「空間の重層性」を意識し、東京キリストの教会の礼拝堂大開口や、テレビ朝日の立体格子などに特徴的に現れている。

槇の建築の端正さは、日本のゼネコンの技術力によるものだ、と言われたこともある。
しかし、イザール・ビューロ・パークで現地の施工業者を使い、第一線級の作品を仕上げたことでその評価が誤りだったことを証明した。

槇本人が、作風について「豊田講堂が一番丹下先生に近かった。」と述べている。

元倉眞琴、栗生明などは槇総合計画事務所の出身である。
また、新建築誌上で伊東豊雄らを野武士と名づけたことは有名である。
コンペの審査員などでは、東京国際フォーラム公開コンペの審査委員長などを務めた。

現代建築の軌跡(INAX出版)では、豊田講堂の図面をル・コルビュジエに見せて、耐震壁について注意されたことを語っている。

小嶋一浩は、当時東大教授だった槇に、助手就任を要請されたのはスパイラルの一階カフェであることを明かしている。

槇事務所は現在、ヒルサイドウエストにある。

代表作品
スパイラル・ハウス 幕張メッセ
       ■スパイラル・ハウス■                   ■幕張メッセ■

出典: フリー百科事典〜ウィキペディア

トップページ | アバウト | 一級建築士情報 | 合格ノート | ギャラリー | 一級建築士リンク

広告掲載・ご意見・ご感想・相互リンク依頼はこちらにご連絡下さい。
問い合わせ