一級建築士のリンク集ギャラリー アントニン・レーモンド

アントニン・レーモンド

アントニン・レーモンド(Antonin Raymond)
(,1888年5月10日 - 1976年10月25日)

チェコ出身の建築家。

フランク・ロイド・ライトのもとで学び、帝国ホテル建設の際に来日。その後日本に留まり、モダニズム建築の作品を多く残す。

日本人建築家に大きな影響を与えた。

プラハ工科大学で学んだ。

アメリカに渡り、ライトの事務所に入所。

帝国ホテル建設の助手として来日。

1922年独立し、レーモンド事務所を開設する。

ライトの影響が余りに強烈であったため、そこから抜け出すのに苦労したという。

聖路加国際病院などの設計をフォイエルシュタイン(Bed?ich Feuerstein オーギュスト・ペレの弟子)と共同で行ったほか、ル・ランシーの教会堂(ペレの代表作)をコピーした東京女子大学礼拝堂を建設した。

ペレを介してライトの影響から逃れ、モダニズム建築の最先端の作品を生み出すようになった。

前川國男、吉村順三などの建築家がレーモンド事務所で学んだ。

戦争が激化し、1937年一時アメリカに帰る。

アメリカ軍少将カーチス・ルメイは焼夷弾の効果を検証する実験のため、砂漠に東京下町の木造家屋の続く街並みを再現したが、この際、日本家屋のデータを提供したのはレーモンドであった。

帰米前に受けた外国人排斥と日本の軍国主義化に対する鬱憤のためであったという説もある。

この実験は東京大空襲で生かされた。(戦後、この点を一部の日本人建築家らから批判を受けた)

第2次世界大戦後、再度来日。モダニズムの理念に基づく秀作を多く残している。

代表作品
聖路加国際病院
    ■聖路加国際病院■

出典: フリー百科事典〜ウィキペディア

トップページ | アバウト | 一級建築士情報 | 合格ノート | ギャラリー | 一級建築士リンク

広告掲載・ご意見・ご感想・相互リンク依頼はこちらにご連絡下さい。
問い合わせ