一級建築士のリンク集ギャラリー ミース・ファン・デル・ローエ

ミース・ファン・デル・ローエ

ミース・ファン・デル・ローエ



ミース・ファン・デル・ローエ(Ludwig Mies van der Rohe)
(1886年5月27日アーヘン - 1969年8月17日シカゴ)

20世紀のモダニズム建築を代表するドイツの建築家。

近代建築の四大巨匠(ル・コルビュジエ、フランク・ロイド・ライト、ヴァルター・グロピウスと共に)の1人。

"Less is more."(無駄な部分を削ぎ落としたデザインが、より豊かなデザインである)という標語で知られ、インターナショナル・スタイルの成立に貢献した建築家である。

自由な間取りのユニヴァーサル・スペースという概念を提示した。

ドイツのアーヘン生まれ。

1908年から1912年まで建築家ペーター・ベーレンスの事務所に在籍した。

1927年、ドイツ工作連盟主催のシュトゥットガルト住宅展に参加し、ベーレンス、グロピウス、ル・コルビュジエ、ブルーノ・タウトらとともに、実験的な集合住宅を建設した。

1929年のバルセロナ万国博覧会で建設されたドイツ館・バルセロナ・パヴィリオンは、鉄とガラスで構成され、大理石の壁を配したもの。

モダニズムの空間を実現したものとして建築史上有名。

また、同館のためにミースがデザインしたバルセロナチェアは、モダンデザインの傑作として知られる。

博覧会施設のため取り壊されたが、1986年、同じ場所に復元された(ミース・ファン・デル・ローエ記念館)。

ヴァルター・グロピウスの推薦で1930年からバウハウスの第3代校長を勤めた。

ナチスによってバウハウスが閉鎖(1933年)されたため、アメリカに亡命した。

シカゴのアーマー大学(後にイリノイ工科大学、IIT)に招かれ、同大学のキャンパス計画も手がけた。

四方をガラスの壁で囲んだファンズワース邸(1950年・アメリカ)も代表作の一つ。

イリノイに週末別荘として建てられたもので、建設費が当初予算を大幅に超えたため、訴訟沙汰になったがミースが勝訴した。

2003年にオークションに出され、ナショナルトラストが取得した。

ユネスコ世界遺産に登録。

超高層ビルの実作品として、ニューヨークのシーグラムビル(1958年竣工)があるが、モダニズムを超高層ビルの中では、SOMのレバー・ハウス(1952年竣工)と並んで、最もすぐれたデザインの超高層ビルともいわれている。

他の代表作に、ブルノのツーゲントハット邸(1930年・チェコスロヴァキア)、レイクショアドライブ・アパートメント(1951年・シカゴ)、ドイツ国立美術館(1968年・ベルリン)などがある。

なお、ポストモダンの建築家ロバート・ヴェンチューリはミースの標語をもじり、"Less is bore."(装飾のないモダニズム建築は退屈だ)と皮肉った。

代表作品
シーグラムビル
     ■シーグラムビル■

出典: フリー百科事典〜ウィキペディア

出典: 人名辞典

トップページ | アバウト | 一級建築士情報 | 合格ノート | ギャラリー | 一級建築士リンク

広告掲載・ご意見・ご感想・相互リンク依頼はこちらにご連絡下さい。
問い合わせ