一級建築士のリンク集ギャラリー 丹下健三

丹下健三

丹下健三


丹下健三(たんげ けんぞう)
(1913年9月4日 - 2005年3月22日)

建築家。

大阪府堺市に生まれる。

「世界の丹下」と言われ、日本人建築家として、最も早く海外でも活躍し、認知された一人。

第二次世界大戦復興後から高度経済成長期にかけて、多くの国家プロジェクトを手がける。

また黒川紀章、磯崎新、槇文彦、谷口吉生などの世界的建築家を育成する。

1966年AIAゴールドメダル受賞。

経緯

堺市生まれだが、幼少時代から中学までの間は愛媛県(現在の今治市)で過ごした。

旧制今治中学(現今治西高校)から旧制広島高校(現広島大学)に進み、東京帝国大学(現東京大学)建築学科卒業。

前川國男建築事務所に入所。

当時の担当作品に岸記念体育館がある(現存しない)。

1942年の大東亜建設記念造営計画のコンペに応募、1等入選を果たす。

1946年より東京大学助教授(のち教授)。

1946年から74年まで東大で教鞭をとり、「丹下研究室」をつくる。

大谷幸夫、浅田孝、沖種郎、槇文彦、神谷宏治、磯崎新、黒川紀章、谷口吉生ら多くの優れた人材が、巣立っていった。

東京大学助教授時代に参加した、広島平和記念公園のコンペに一位で入選、一躍注目を集めた。

焦土と化した広島の戦災復興事業に志願して参加。

設計した広島平和記念資料館は、戦後の日本建築はここから始まったと言われるほど記念碑的な作品となった。

またこの事業にイサム・ノグチを強く推して参加させた。

その後、旧東京都庁舎や大阪万博など、岡本太郎とのコラボレーションは注目された。

1961年に丹下健三・都市・建築設計研究所を設立。

1974年、東京大学名誉教授。

「東京都庁舎」戦後の日本建築界の重鎮である。

プロダクション制を導入し、分業によって設計する手法を導入したが、その反面、独創性が犠牲にされた(特に1980年以降の作品)との批判もある。

  ル・コルビュジエに心酔し、建築のスタイルはモダニズム系統だが、晩年はポストモダンの傾向も取り入れた(東京都庁など)。

コルビュジエ以上に、ミケランジェロに心酔していた。

東京都庁舎(新都庁舎、1991年竣工)では、指名コンペが行われたが、鈴木俊一都知事との強いつながりを持つ丹下案が大方の予想通り当選、「出来レース」と評された(鈴木俊一とのつながりは大阪万博以来。丹下は鈴木の都知事選後援会長であった)。

建築関係者からは「ポストモダニズムに媚を売ってまでコンペに勝ちたかったのか」「すでにある新宿の超高層ビル群に最も高いビルを加えただけ(新しいアイデアがない)」などの厳しい批判を受けた。

一方、重鎮となってなおコンペを勝ち抜く図太さ・老獪さ、成功した過去の自分のスタイルに拘泥しない柔軟さ、デザインを含めた象徴性等の狙いの的確さといった点を評価する者も多い。

東京都庁舎はゴシック建築のノートルダム寺院(パリ)の形態を引用するとともに、格子戸を思わせる和風に通じるデザイン(一見、窓のように見えるがフェイク)などがポストモダン的とされる。

2005年3月22日、心不全のため91歳で死去。

自ら設計した東京カテドラル聖マリア大聖堂で葬儀が行われた。

2006年4月、広島平和記念資料館(1955年作品 広島市中区中島町)が、村野藤吾・1953年度作品世界平和記念聖堂(広島市中区幟町)とともに、戦後建築としては初めての重要文化財(建造物)指定となった。

代表作品
代々木第一体育館 東京都庁舎
       ■代々木第一体育館■            ■東京都庁舎■

広島平和記念資料館 フジテレビ本社ビル
       ■広島平和記念資料館■                ■フジテレビ本社ビル■

山梨文化会館 WHO神戸センター
        ■山梨文化会館■                 ■WHO神戸センター■

出典: フリー百科事典〜ウィキペディア

出典: 人名辞典

トップページ | アバウト | 一級建築士情報 | 合格ノート | ギャラリー | 一級建築士リンク

広告掲載・ご意見・ご感想・相互リンク依頼はこちらにご連絡下さい。
問い合わせ