一級建築士のリンク集 建築施工1〜地盤

■建築施工1■〜地盤

■地層・地盤

・支持地盤としては、沖積層よりも洪積層の方がよい

沖積層
→軟弱土。1万年前〜現在迄に出来た地層

洪積層
→良質土。100万年前〜1万年前に出来た地層


ボーリング(地中に孔を掘る作業)の目的

@地盤構成の確認のため

A資料採取のため

B原位置試験を行う孔を作るため

ロータリーボーリング
→ボーリングロッド(軸管)の先端に取り付けたビット(錐)を動力で回転させるとともに、圧力をかけた泥水を先端に送り、掘り進む穿孔方法


サウンディング
→回転ロッドにつけた抵抗体を地盤中に挿入し、貫入・回転・引き抜きに対する抵抗から土の締まり具合などを調査する方法。抵抗体にベーンと呼ばれるものを使用した、ベーン試験などがある


標準貫入試験
→重さ63.5kgのハンマーを75cmの高さから自由落下させ、各地層でサンプラーを30cm貫入させるのに必要な打撃回数N値を測定して、その土の締まり具合などを調査する方法


柱状図
→ボーリングによる地盤調査結果報告の表現方法の一つ。調査地点の地層の断面図と、それに対応するN値の折れ線グラフを合わせて表現したもの


透水係数
→土中における、水の流れやすさを表す係数。多孔性の著しい土質ほど係数が大きくなる。この係数が10-4cm/s程度より大きいと透水性が高いといい、10-7cm/sより小さいとほとんど水を通さないので不透水層という


平板載荷試験
→基礎底面に相当する位置で直径30cmの円形の載荷板を用いて地盤に荷重をかけ、その沈下量から地盤の地耐力を判定する方法。地盤特性は深さ45〜60cmまでしか把握できない


ベーン試験
→軟弱な粘性土層のせん断強さを測定する試験


一軸圧縮試験
→自立する供試体の圧縮強さを求める


三軸圧縮試験
→拘束された供試体の圧縮強さを求める


圧密試験
→間隙水が排出される時の体積減少を求める


トップページ | アバウト | 一級建築士情報 | 合格ノート | ギャラリー | 一級建築士リンク

広告掲載・ご意見・ご感想・相互リンク依頼はこちらにご連絡下さい。
問い合わせ