一級建築士のリンク集 建築施工2〜仮設工事

■建築施工2■〜仮設工事

■仮設工事

共通仮設工事
→施工上間接的に必要な仮設(仮囲い、仮設建物等)


直接仮設工事
→施工上直接的に必要な仮設(墨出し、足場等)


・市街地における外部足場の解体は、第三者に危害が及ばないよ道路使用許可をとり、危険区域を明示した上、ガードマンにより適切な誘導を行う。

仮囲い
→工事現場などで囲む仮設構築物をいう

市街地では3mの高さの仮囲いをするが、試験では1.8m以上の板堀等でよいということになっている

●高さ1.8m以上の仮囲いを設けなければならないもの

木造建築物=高さが13mを超えるもの
          軒の高さが9mを超えるもの

木造以外の建築物=階段が2以上のもの


縄張り
→建築工事の着工に先立ち、建築の外郭線の位置に縄を張るなどして、配置に示された建築位置を現地に表示すること


やり方
→柱や壁の中心線・通り芯・基準の高さなどを、工事現場に表示するための仮設物をいう


・現場には高さの基準となるベンチマークを2ヶ所以上、適当な場所に設ける


単管本足場
→単管パイプを緊結金物(クランプ)などで組み立てた足場


・建地は、けた行き方向1.85m1以下、はり間方向1.5m以下とする


枠組足場
→縦枠・ブレース・布枠を組み合わせた足場


・布枠の間隔は1.85m以下、布の第一段目の高さは2m以下とする

・建て枠幅は0.9〜1.2m内外を基本とする


足場板
→仮設通路や作業床などに用いる厚板。一般的には合板製で、長さ4m、幅24cm、暑さ2.5cmのものが多く使用される。


・足場板は3点支持とし、ゴムバンドなどで固定する。跳ね出し部分は転落による怪我の恐れがあるので注意する


つり足場
→鉄骨の高力ボルト締め付け、または、先行梁配筋、圧接作業に使用される足。作業床は幅40cm以上、かつ、隙間がないようにする。いかなる場合も2重足場は禁止。


各部材の安全係数

つりワイヤーロープ→10以上
つり鎖(チェーン)→5以上
台付けワイヤー→4以上
玉掛けワイヤー→6以上


台付けワイヤー
→物を固定するときに使用

玉掛けワイヤー
→物をつるときに使用

はしご道
→単管抱き足場等の昇降設備として使用される。踏ざんを等間隔に設け、壁との間に適当な間隔を保たせる。転落防止の措置を講じ、上端を床から60cm以上突き出させる。


■仮設機器

ローリングタワー
→主に設備、内装工事で使用される。脚輪径は直径125mm以上とする。作業床の高さが脚輪の主軸間隔の3倍を超える場合は、高さの中央付近に水平構としての布枠を設ける。


ウインチ
→ロープを巻き取ることによって、重量物の上げ下ろしや水平移動を行う機械。


ホイスト
→重量物をつって左右に移動する。鉄骨、金物向上などでよく利用される。製作された鉄骨などをつって移動し、トラックに積み込む。


建物用リフト
→人荷用エレベーターは、荷物も人も乗ることができるが、建設用リフトは荷物だけで、人が乗ることはできない。最近では人荷用エレベーターを使用する場合が多い。


トップページ | アバウト | 一級建築士情報 | 合格ノート | ギャラリー | 一級建築士リンク

広告掲載・ご意見・ご感想・相互リンク依頼はこちらにご連絡下さい。
問い合わせ